「丹波からTAMBAへ」【市野雅彦】展 2021年4月11日(日)~6月20日(日)まで

丹波からTAMBAへ

日本陶芸の発祥、六古窯の一つ「丹波焼」の地に生まれ、穴窯の灰釉焼締から陶彫作品まで表現力には目を見張るものがある。丹波の土と伝統の技を伝承した素朴な造形を基礎に、市野雅彦は、独特の陶芸作品を生み出した。現代陶芸に名を刻む彼の作品は、2006年日本陶磁協会賞を受賞。以降、現在も注目され高い評価を得ている。
作家自らが掘り出した丹波の土にどのような命が宿るのか。新作は、ぜひ会場でご覧ください。

展覧会テーマ

「丹波からTAMBAへ」は、作家の産土の地・丹波を原点にした陶芸が、モダンな現代陶芸に昇華した流れと、次なる創作へ移行する新しいTAMBA焼をイメージしています。

  • imagesUntitled
  • images線紋器
  • images線紋器
  • images丹波イッチン花器
  • images丹波イッチン花器
  • images丹波イッチン花器
  • images丹波イッチン城紋土塊
  • images丹波赤ドベ采器
  • images無題

ショッピング案内shopping

ここでしか手に入らない緑ヶ丘美術館でのみの限定販売となります

  • images

  • images

  • images

クリアファイル

販売価格1枚 400円