石川県立九谷焼技術研修所 令和2年度 卒業制作展 2021年4月4日(日)~4月18日(日)まで

卒業研修生たちの日々の研鑽をご覧下さい

令和2年度 卒業制作展について

◇本科2年生

・課題作品/自由作品(各1点)
2年間の研修生活で学んだ成形・絵付けの技術を生かして課題制作、自由制作の2点を制作しました。

◇研究科生

・自主研究作品(1点)
1年かけて追求してきたテーマに沿った作品1点を制作しました。

九谷焼技術研修所ってどんなところ?

 石川県立九谷焼技術研修所は、将来の九谷焼を担う人材を育成する機関です。幅広い分野からの超一流の講師陣と、緑豊かな環境と設備の中で研修生たちが日々研鑽をつんでおり、これまでに多くの卒業生が九谷焼業界で活躍しています。

《カリキュラム》

学科 修業年数 内容
本科 2年

ロクロや鋳込みなどの成形技法から、九谷焼の特徴である上絵付等加飾技法まで、陶磁器の全般的知識・技術を修得するための全日制の学科です。(定員15人)

研究科 1年 独自の研究テーマを設定し、より高度な知識と技術を修得するための全日制の学科です。(定員15人)
実習科 1年 九谷焼産業従事者が、さらに新しい技術を身につけるための学科です。加飾専攻・造形専攻のどちらかを1年間履修します。
(定員30人/週1回・金曜日)

九谷焼技術研修所【卒業制作展】の開催について

緑ヶ丘美術館では、このたび石川県立九谷焼技術研修所の令和2年度卒業制作展を開催することとなりました。
そもそも「九谷焼技術研修所」とは石川県の伝統産業である九谷焼の振興を図るため、陶芸に関する理論と技術、技能を修め将来の九谷焼を担う優れた人財と産業界に即応できる技術者を養成するとともに、デザインの商品開発と研究指導を行うことを運営の基本とし、昭和59年に設立されました。開所以来、750名を超える卒業生・修了生を送り出し、その多くが九谷焼業界で中堅・若手の担い手として活躍しています。
この卒業制作展は令和2年度に卒業する本科2年生12名と研究科生3名の研修所で学んだ高度な理論と技術が注ぎ込まれた制作展であり、これからの九谷焼を支える若き作家たちの努力が結集された作品をご覧いただきたいと思います。
緑ヶ丘美術館はこれからも九谷焼技術研修所を応援いたします。

(一財)けやき並木・緑の杜財団
緑ヶ丘美術館

石川県立九谷焼技術研修所

〒923-1111
石川県能美市泉台町南2番地(九谷陶芸村内)
TEL:(0761)57-3340/
FAX:(0761)57-3342/
月曜〜金曜(祝日除く)8:30〜17:00まで

歴代卒業生の作品はHPにてご覧いただけます